なーおばさん便りⅡ



『責任を持ってください』

 今回またまた有名、小学校の音楽の教科書にも彼の作品が載っている《チョー・ポピラーアーティスト》が違法薬物不法所持で捉えられました、まだ今回の捉えられについては詳細がわからないのですが・・・・・。 私... 続きを読む



『ゴロちゃんのこと』

 昭和29年製作、『24の瞳』という懐かしい映画を見ました、それも音声サービスがついているバージョンのものでです。 私はかつてかつて女優・高峰秀子のフアンでした、その後は吉永小百合、サユリストになって... 続きを読む



『2月はダイエットの月です』

 2月最初の遠足の日です、御茶ノ水駅から湯島に向かってあるいたはずだったのに曲がり角を間違ってしまったのか、いつもとは違う道に出てしまいました、そして『嬬恋神社』ってところに出たのです、驚いたことにそ... 続きを読む



『心にも栄養クリームを』

 1月はいっぱい本を読みました、その中の1冊『小池真理子著 午後の音楽』は久しぶりに読んだ恋愛小説でした。 本当は本の中身などまったく知らないで、『午後の音楽』というタイトルに魅かれて読み始めたのです... 続きを読む



『見えなくなる前になーって、しみじみ思うこと』

眼が見えなくなる前にこれしておけばよかったなーと、最近すごーく残念に思うことがあります。 27歳で失明する前に、もっと映画をたくさん見ておくんだったわってこと、人間の顔の表情をよーく観察、記憶しておく... 続きを読む



『私に必要なものは・・・・・』

「だから煮え湯をのまされたんだったでしょ」 私の耳に電話の声が言います。 《えー、その煮え湯を飲ませたのは??? あなたじゃあなかった??? 言った本人がそういう事を言うの!!!》 声にならない言葉が... 続きを読む



『謹賀新年』

謹んで新春のお慶びをもうしあげます。 あれもこれもと思いつつ、なーんにも事は進まずにお正月の3が日は過ぎてしまいました。 今年はもっともっと周辺を広げて、たくさんのお友達との新しい出会いを求めて活動し... 続きを読む



『やさしさってすてきだわ!』

近頃フローラと電車に乗ったり、バスに乗ったり、街の中を歩いたりすると、周りの人たちがとても優しいのです。 何の見返りを求めない、心の中からフワーって出てきた言葉、そして差し出された手、その包み込むよう... 続きを読む

 

『酔芙蓉の花』

四谷の交差点を渡って、イグナチオ教会への道に「酔芙蓉の花(すいふようのはな)」が咲いています。 この芙蓉の花になぜ《酔う》などという頭がついているかと言いますと、1日のうちで花の色合いが、時間によって... 続きを読む

ページの先頭へ
前のページに戻る